読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チリ・アルゼンチンで暮らした日々 – ちいさな写真展と旅支度のすすめ -

ご案内が遅くなりましたが、現在、新潟市東区で「チリ・アルゼンチンで暮らした日々」(写真展)を開催しています。会期は、2013年9月2日(月) 〜 9月28日(土)の11:00〜17:00 (最終日は15:00まで)です(日曜日はお休み/祝日は営業日)。

f:id:kotoha-ya:20130910144149j:plain

2005年9月から2006年12月までのチリ・アルゼンチン生活の中で撮影したものと2011年2月から3月に同地を再訪した時の写真から 30点を選んで展示しています。

また、当時の日記から一部文章を抜粋して展示に添えています。日本からは最も離れた大陸、南米大陸の中での、スペイン語を介する人たちの暮らしに、突然飛び込んで、土着の文化、家族や友達との在り方、生活習慣の中で迷ったり喜びを感じた”一人の日本人”の日々を紹介しています。


会場には、愛媛県出身の山下紀子さん(オットの母)が三年の歳月をかけて製作をした2m×2mのアルゼンチンカラー(水色&白)のキルト展示もあります。パッチワーク小物の販売もしています。

また、東京在住のフェルト作家KEIさん(幼馴染み)の羊毛フェルト作品も展示販売中です。日常生活の中で使える美しい実用羊毛フェルト作品を取り揃えています。私もたくさん彼女の作品を使っていますが、持っていることで毎日がうれしく思えるものたちばかりです。彼女がプレゼントをしてくれた「アルパカの羊毛」も展示しています。
ふわふわもふもふなアルパカの毛にさわってみてください。

こちらのギャラリーは、中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェということで、展示を見に来る場所というよりも友達の家に遊びに来たという雰囲気があります。シェフの作る、日替わりのアジアンエスニック料理はボリュームたっぷりの絶品揃いです。ぜひこちらも楽しみにお越し下さい。

f:id:kotoha-ya:20130902112831j:plain

写真展初日。”お客さん”第一号は、帽子職人の谷さん家族。
新発田の山奥から駆けつけてくれました。
 

HP ぎゃらりぃ・茶ろん  杜々(とど)
http://salontodo.blog57.fc2.com/

〒950-0853 新潟市東区東明4-3-22 
TEL 025-286-5334
営業時間  11:00~17:00
定休日 日曜日(祝日はオープンしています)

(電車)JR越後石山駅南出口から線路沿いに北西へ徒歩12分。
「ハイブリッジガーデン」を左折して右手。

(車)東明保育園を目印に、東明保育園の前にのびる通りを線路沿いに向かって進み左側。線路沿いからお越しの場合は、「ハイブリッジガーデン」を住宅街へ曲がり右手。
駐車場は4台です。ランチタイムは電話をして予約をすると安心です。

 

f:id:kotoha-ya:20130911091120j:plain